セキュリティ機能の弱い無線ルーターはもう使うのは止めましょう。

今や一般の方には無くてはならないものになった、無線LAN環境ですが、パソコンだけではなく、スマホ、タブレット、ゲーム等あらゆるものがWifi接続できるようになりました。

どこのメーカーの無線LANルータも「簡単接続」機能を搭載するようになり、それが、Wifi利用者を増やしている要因の一つにもなっています。

でも、ご自宅の環境で古いタイプの無線ルータをまだお使いの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

ここで、重要なのが無線LANのセキュリティなのです。

無線LANのセキュリティにはいくつもの種類があり、

1 WEP(64bit)

2 WEP(128bit)

3 WPA-PSK

4 WPA2-PSK

1のWEP(64bit)とWEP(128bit)がセキュリティ的にとても脆弱で、接続設定の為の暗号キーを簡単に解読されていまいます。

理想は4番目のWPA2-PSKです。

いまはほとんどの端末がWPA2-PSKの無線セキュリティに標準で対応していますので、WEPの無線しか飛ばす事の出来ない機器はよっぽどの事情がない限り使用を中止して新しいものに買い替えをおすすめします。

私のおススメ無線ルーターのメーカーはなんといっても「バッファーロー」ですね!!



 

 

 

 

 

 

 

 
Google
 

 

 

2014年5月17日未分類

Posted by パソコンサポ―トセーフティプラス


PAGE TOP